i2i無料WEBパーツ
で、メルマガの開封率の実験をしてみたわけですよ:無料レポートをやってみる

で、メルマガの開封率の実験をしてみたわけですよ

1日に300〜400件近くのメルマガが届くんだけど、ひとつ1つ、発行者名のフォルダーを作って、振り分けするようにしてみたんですよ。
(すんげー疲れた。メールソフトの操作性も考え直さなきゃ)


本当に必要ならば、そのフォルダーを見に行けばいい。

その労力に値するメルマガ以外は、スカッと斬り捨ててOK!


ってな状況を作ったんですが・・・



3%のメルマガしか開封してない。


残りをザックリ削ったら、楽になるねぇ。:−)


じゃあ、どんなメルマガを開封したのか
 ☆タイトルがわかる(認識できる)メルマガ
 ☆発行者名がわかる(認識できる)メルマガ
 ☆自分に有益なことをジャンジャン書いてるメルマガ
 ☆単純に、そのメルマガのファン


配信数とか、配信スタンドとか、独自配信とか、有名無名は関係なく、



ブランディング(認識)できてるかどうか


ただ、それだけ。

反対に、開封していないメルマガ
 ★メルマガタイトルが、そのまんま商材といっしょ
 ★メルマガのタイトルに、カウントダウンがよく付く
 ★メルマガの発行者名が、ちっとも脳みそにこびり付いてない
  (逆にこびり付いた)


たったこれだけでも、売り込みのニオイがプンプンしてるねぇ。


開封しなくなった、最大の理由ってのもあるんですよ。

それは、



絵が無いだけで、セールスページとなんら変わらないメルマガ


同じものを見せるんじゃ、成約率を高めるために練りに練ったセールスページの意味無いじゃん。



マイナスの接触回数を増やしながら、ガンガン繰り返し配信するのが流行ってるのかなぁ。(棒読み)

この記事へのコメント
コメントありがとうございます♪
今度は別の記事にコメントしてみます。

ブランディング(認識)できてるかどうか。
これはスゲェ大事なキーワードですね。

なんか最近ブランディングのつもりなのか、何かのあおりなのか、タイトルに無料レポート登録時の名前を自動挿入して、それっぽくしてるメルマガばっかりでぐったりします。
もう、登録時に適当な文字列を打ち込んどいて、
その文字列で送ってきたやつは全削除と言う対策をとることにしました(;´・Д・`)
(すくなくともまぐぞう・めるぞうでは。)



ブログをメルマガに誘導するだけの道具、と割り切るのなら、
ブログとメルマガの内容がほぼ同等、というのはアリなのかもしれませんけどね。

僕はブログとメルマガの内容は、ほんの少しでも変えるようにしています。

じゃないとつまらんですから。
Posted by Mar@無料レポートガイド at 2006年11月02日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。