i2i無料WEBパーツ
無料レポートをやってみる

最近のメルマガ

メルマガって、そもそもなんなんだろうね。


無料レポートの購読の際に、アドレスを置いてきてるわけだが、

1つ目のメールが「挨拶状」。

2つ目以降は「売り込みメール」。

このパターンが多くなってきた。


しょーじき、ウザい。

2つ目以降に、無料レポートの紹介をするメルマガもあったりもするが・・・




どこの誰もでもやってるじゃん。



じゃ、そのメルマガを開いて購読してもらえるためにはって発想が、読んでみても見当たらない。



もっとヒドイのは、メルマガのタイトルが、めちゃくちゃ感情を逆なでするものがある。

最近の例

『(長〜いメールアドレス)さん、貧乏、…』


「あっそ」と言って、購読解除。


『あなたが成功するために残された時間は4時間です』


「へー、じゃ、次の機会ってのは無いから、これ以降は読んでも無駄なんだ」と言って、購読解除。


中には、メールソフトの機能が働いて、スパムメールと判断されて、迷惑メールボックスに直行されるやつもあるし。

弾かれた例は、『セレブ』『女性』のタイトルが付いた、4Kバイト前後の短いメール。



オプトイン・メール(あなたのアドレスに、メールを送ってもいいですか?と許可を取ったメール)ってのは、理解してるつもりです。
、感情的に『好かん!』と思ったメールは、即行で購読解除対象にしてます。

考える時間もなく、ほ〜ぼ、自動的に。


メルマガ・マーケット自体が、そういった方向を向いてるから、仕方なしと諦めるべきか?これぞ天が我に与えたチャンスと見て、結果が見えていない、違う方向性を模索すべきか?


メール使って売り売りしたことないけど、しょーじき、どーなんだろーねー。(棒読み)

Youtubeのエライ人

Youtubeのエライ人、チャド・ハーリーCEO(最高経営責任者)とスティーブ・チェンCTO(最高技術責任者)の映像を見ることができた。


My YouTube Video on Good Morning America(2006.8.21投稿分)

↑これは、アメリカABC放送の番組「Good Morning America」で放送されたもの。

Youtubeを作った経緯なんかをしゃべってるものと思う。ブログなんかのヒントになるかと思って聞いてたけど、理解できる単語がメチャ少なかった。(^^;

で、YoutubeがGoogleに買収されて、

↓この投稿があったワケだ。


A Message From Chad and Steve(2006.10.9投稿分)

耳慣らしのために何度か繰り返し聞いてみたけど、どちらもなにしゃべってるのか、よく解らんので、10月9日投稿分については、ITmediaのニュースを参考にしてください。m(_ _)m

興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その4)

さ、本題です。

延々Javaプログラムのことを書いてますが、本題は、タイトルにも書いてある時給を意識してみると】です。

今回のJavaプログラムは、3時間ほど・・・いや、キッチリ3時間作業しました。

作業のうちわけ

Javaプログラムの命令文の検索と改造・・・1時間

Javaプログラムのバグ探し・・・1時間

Javaプログラムの外部ファイル化・・・5分

Javaプログラムの外部ファイル化のバグ探し・・・50分

○ブログにアップロードし、最終確認・・・5分


製作環境

○テキストエディター

○ブラウザー


プログラム自体は、NECのPC98が全盛だったころに、N88−BASICでテキストRPGもどき(無限に殴り合うだけのゲームができた(^^;)を作ったくらいで、なんとなく「プログラムってこんなんだよなぁ」ってくらいの考え方ができる程度のシロウトです。

「テキストエディターとブラウザさえあれば、何とかなるって」といったシロウトの考えで、ごそごそやった割りには、うまいことできたと思ってます。


た・だ・し、割に合うかどうかは別の話し。

モノは試しとプログラミングで作ったプログラムのうちわけを書き出してみる。


Javaプログラムの命令文の検索と画像表示プログラムの作製・・・4時間

インフォカートで商材探し・・・1時間

○商材のセールスページの画像化・・・3時間

Javaプログラムのバグ探し・・・1時間

○プログラムにリンクを追加し、動作を確認・・・30分

○プログラムにテキストを追加し、動作を確認・・・30分

Javaプログラムの外部ファイル化の検索と作製・・・35分

Javaプログラムの外部ファイル化のバグ探し・・・25分

○ブログにアップロードし、最終調整・・・1時間


ざっくりと12時間も労働したことになる。


合計すりゃ、15時間。


「興味本位でやったんだから、よかったじゃないですか」なんて思ってみるのもいいんでしょうがねー。


15時間労働


やっぱり15時間労働ってのが、思いのほか引っかかるんですよ。


年収300万円だと仮定してですね、1ヶ月の労働日数を20日と仮定してですね、1日8時間の労働をしたとするじゃないですか。

そうすると、年収300万円÷(12ヶ月×20日×8時間)で時給を計算すると、1,562円の時給になるんですよ。


その時給1,562円で、Javaプログラムを作った15時間で掛けると、・・・


23,430円也


ワザと赤い字にしました。


23,430円ですよ。23,430円。


インフォランクが2個も買えちゃうじゃないですか。(爆)

手動で更新することもないんですよ!

インフォランクだと、もっとすんごい機能があって、Googleのアドセンス並みのことがサクサクサクッとできちゃうワケなんですよ。

15時間も使うことなく。



15時間も自由になる時間があったら、なにします?

記事書けますよね。

相互リンク依頼のメール書くこともできますよね。

インフォランクのタグをペタペタ貼り付けることできますよね。

ブログのカスタマイズできますよね。

GoogleやYahooのサイトマップに申請できますよね。

もう1つブログを立ち上げることもできますよね。





自分でアレコレやったときの時給と商材の代金を比べる。



これ、情報商材を買うときの、1つの目安になりませんかねぇ。


今回言いたかったことは、そんなところです。


4回にわたって、お付き合いいただき、ありがとうございました。

興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その3)

改造前の、ポーカーの役『フルハウス』ができるJavaプログラムは、外部にしてもきちんと動作したんだ!

同じように改造版のJavaプログラムを設置したのに、なんで起動しないんだ?

だって、内部タイプじゃ、キチンと動作してるじゃないか〜!


これが、俗に言う『どつぼにはまる』である。

Javaプログラム外部化のメモ

 1.ブログ(またはホームページ)の中で、Javaプログラムが必要なところで呼び出す。
  (例)

   <body>
     ・
     ・
   <script src="URL/Javaプログラム名" type="text/javascript">
   </script>
     ・
     ・
   </body>

 2.外部Javaプログラム中にあるコメント文は、全て消す。


まずは、『1.ブログ(またはホームページ)の中で、Javaプログラムが必要なところで呼び出す』の確認。

テスト用htmlは、単純に、BODYタグの間にJavaプログラムを挟んであるだけの簡易版だから、これ以上は間違いようは無い。


つぎに、『2.外部Javaプログラム中にあるコメント文は、全て消す』の確認。

『//』で始まるコメント文は、全て消えてる・・・ぞ。






って、待て

一番下に、//-->が残ってるじゃないか!!!

これか!こいつか!こんにゃろめ!、さっさと消去&上書き保存。

そんでもって、テスト(Java外部)用htmlをポチッとな!





おっしゃぁぁぁぁ〜!





Javaプログラムの終了を宣言するときの文章(//-->)が残ってて、これが動作の邪魔をしてた。

ほんとに、なんてことない、些細なことだけど、プログラム通り動かなければならないスクリプトは、忠実に動作できないから表示しなかったんだ。

これで残りの作業は、Javaプログラムのアップロードのみ。

長かった〜





・・・と、苦労話を長々と書いてきたけど、タイトルで何か感じてた方。

勘が鋭いですねえ。


タイトルで次に書かれることを先読みしていた方。

その考えは、正しいと思います。



「えーい、まどろっこしいのは嫌いなんだ」って方。

ごめんなさい。あと1回、付き合ってください。m(_ _)m

次回、『興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その4)』に続きます。

興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その2)

小さなJavaのプログラム まつうらの手作りぃ♪
(『大きな古時計』のメロディで)


などと余裕をぶちかましてる暇は無〜い!

Javaプログラムは、テーブル・タグすら表示していない。

いったい、何が悪いのか・・・

命令文が長すぎた?

命令文が不適切?

もともとの発想が違ってた?

ちまちまとテキストエディターで修正しながらのカット・アンド・トライをしばらくやって、ようやく見つけた、気がついた。


『乱数の値を代入するモノがねぇじゃん』


これじゃ、なんにも表示されないや。

気を取り直して、テスト用htmlをポチッとな!





やった〜!明日はホームランだ!
(もう、このCMやってないよなぁ。)

ってなくらい、リロードを繰り返しても、ランダムに表示されるようになった。



さて、このままじゃブログのhtmlに長〜いJavaプログラムを入れなきゃならないので、外部化を実施。

Javaのワンポイント

Javaプログラム呼び出すことで、htmlの中に長々とJavaプログラムを入れなくて済む。

検索エンジンのクローラーに、余計なことを読み込ませて、嫌われたくないための身だしなみ的な方法。

パリッとすっきりしたhtml(ラブレター)が、クローラーには有効らしい


じゃ、恒例の、テスト(Java外装)用htmlをポチッとな!





なぜだ!なぜ何も表示されないのだあああぁぁぁ!前といっしょじゃん!



次回『廻る、廻るよ、些細なバグの堂々巡り』につづく。




ちなみに、正式タイトルは『興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その3)』です。

興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その1)

不満がある。不満がある。不満がある。あ〜不満がある。

何に不満があるのかというと、上に表示しているJavaプログラムに不満がある。

各情報商材の画像とテキストとリンクをランダムに表示させるようにJavaプログラムを組んだんだけど、何度かに1ぺん、ポーカーの役『フルハウス』ができてしまう。

↓こんな感じ

日給
8万
日給
8万
独占
市場
構築術
独占
市場
構築術
日給
8万


これじゃ、ランダムの意味ねぇじゃん。

で、これを解消すべく作業を開始。っていっても、ぐりぐり検索して、Javaプログラムの改良と検証の繰り返しをしてただけなんだけどね。

一番最初のJavaプログラムでは、表示されるものを5回乱数で決定していたんだけど、これがどーもうまいこと機能していない。

 テキストと画像とリンクの情報
 1回目の乱数発生
 2回目の乱数発生
 3回目の乱数発生
 4回目の乱数発生
 5回目の乱数発生
  テーブル・タグの開始    1回目の結果を表示
   2回目の結果を表示
   3回目の結果を表示
   4回目の結果を表示
   5回目の結果を表示
  テーブル・タグの終了

これが大雑把なJavaプログラムの内訳になる。

次の乱数の結果を出すまでの時間が短いせいなのかどうかは、サッパリ解らないけど、ここがネックになっているのは間違いない。

これをどうするか・・・同じことをやらせればいいんだから、『繰り返し命令』をすればいいんだな。いいんだよな。


ってなワケで、『Java,繰り返し』で検索開始。なになに、『for分』を使えばいいのか。N88−BASICに近いなぁ。

繰り返しの必要な回数を指定して、その都度、乱数を発生させればいい。

テキストと画像とリンクの情報
 テーブル・タグの開始
  繰り返しの条件(n)を設定
   n回目の乱数発生
   n回目の結果を表示
  繰り返しの終了
 テーブル・タグの終了

へっへっへ、できたぜー。

さあ行け!それ行け!テスト用htmlをポチッとな!





なぜだ!なぜ何も表示されないのだあああぁぁぁ!



次回『Javaに潜んでいた罠』につづく。




ちなみに、正式タイトルは『興味本位のJavaプログラミングで、時給を意識してみると、とんでもないことになった!(その2)』です。

バックリンクに関する5つの重大な俗説

バックリンクに関する5つの重大な俗説 著 者: 鈴木淳

サーチエンジンの最適化キャンペーンに関して、わたしたちは皆、バックリンクの重要性を理解しています。
しかし残念なことに、誤った想定が何年もうわさされていたおかげで、いくつかの俗説が生み出されています。

事実は、一部のリンク方式が検索エンジンで「レッド・フラグ」(警告用語)と見なされるのです。
具体的な内容がわかれば、それを回避するための対策を立てることができます。


1.開設したばかりのWebサイトに対して、短期間で何千ものリンクが設定された場合。
新しく作成されたWebサイトに多数のバックリンクが張られている − 検索エンジンはこうした状況を“極めて不自然”であると判断し、 “レッド・フラグ”と見なします。

短期間で多数のリンクを獲得するために、リンク・ファームなどの好ましくない手段を使っている可能性があると判断されてしまうのです。
これは、多くの人が信じている、健全なアーティクル・マーケティング戦術とは正反対です。
つまり、できるかぎり毎日、アーティクルを発行する方法です。
取りかかる最もよい方法は、多くても、1週間に2回程度記事を発行することです。

検索エンジンのレーダーに引っかからないように、バックリンクの増加を制御してください。
ただし、このレッド・フラグ(不正行為)は新しいWebサイトにのみ適用されます。
数年前から存在する古いWebサイトであれば、多数のリンクが張られていても不思議ではありません。



2.相互リンクは問題ありませんが、あまりに多すぎるとWebサイトにペナルティが課せられます。
検索エンジンは、自分のサイトへのリンクのほとんどが自分がリンクしているWebページからのリンクになっている場合、ページランクを低くします。
検索エンジン・スパイダーは巡回パスを嫌います。 また、相互リンクも乱用されがちです。
良質なコンテンツが認められ、本当に必要とされてバックリンクが設定されるのではなく、単に相互リンクするためにだけWebマスターどうしが結託するケースがあります。
また、さらに悪質になると、1人のWebマスターが多数のWebサイトを作成して、自分でリンクを設定するケースもあります。



3.リンク・ページに記載されているリンクは、コンテンツ本文に挿入されている関連リンクより評価が低い。
異なる種類のリンクが掲載されているページには、バックリンクを配置しないでください。
目指すべき最もよいことは、コンテンツ自体でリンクを設定し、関連キーワードにハイパーリンクすることです。



4.ページランクが同様に高い複数のWebサイトで管理されているリンクは、危険です。
ほとんどのWebマスターは、ページランク5以上のWebサイトにリンクを表示させようと躍起になっています。
しかし、それらすべてのリンクが高ランクのWebサイト・グループから張られている場合、検索エンジンは、単に料金を支払ってそれらのリンクを手に入れたと判断します。
ページランクがそれぞれ異なる、さまざまなWebサイトからリンクが張られるようにしてください。



5.同様に、記述が同じであるリンクも検索エンジンから嫌われます。 やはり、多様化を目指してください。
リンクをそのままにする場合は、すくなくともそれらの説明は変更してください。
これによって、リンクを設定する場所のWebマスターが、そのページにリンクを表示することを選択したWebマスターであると検索エンジンが判断するようになります。

検索エンジン最適化(SEO)について書かれている内容が、これまで聞いていたことと正反対の場合があります。
これは、ウワサがウワサをよび、事実がしだいにゆがめられてしまうためです。
読んだ内容は経験がもとになっており、ノウハウを身をもって習得したWebマスターによって共有されています。


では、これらのルールは本当に確実なのでしょうか。

つまりこういうことです。 絶対に確実なSEO手法は存在しません。
どのSEO手法も、数ヶ月の実験をもとにした仮説(憶測)にすぎないのです。

私たちが見聞きするルールは推論の結果です。

検索エンジンの実際の仕組みやアルゴリズムを知っているのは、その検索エンジンの関係者だけです。

そう、SEO手法はすべて推測にすぎません。

あとは、「最も理にかなった手法はどれか」ということです。





===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ちゃっちゃっちゃと、高ページランクのサイトとリンクする

相互リンクのことばかり書いてると、「看板に偽り有り」になるから、今回は即効性はないけど、じんわり効いてくるレポートを実践。

って、相互リンクで、SEOじゃん。

今回のレポートは、一挙に3つ、実践しました。

1つ目:おくまん様のレポート
『【おくまん流】ページランク9の『グーグル』とリンクする方法』

2つ目:sh-field様のレポート
『ページランク7のYahooとリンクする方法』

3つ目:SENやん様のレポート
『グーグルページランク10の『アップル』とリンクする方法!』


どのレポートも大して時間がかからなかったけど、一番時間がかかったのは、アップルです。

なぜかというと、レポート通りにRSS Feedsがなくて、あちこち探し回ったからです。

もし、アップルとリンクしたい場合には、Home(リンゴマーク)をクリックして、一番下にあるRSS Feeds(左から4番目)から、適当に項目を選んでください。

さーて、いまはページランクは0だけど、今後はどんな展開になるんだろう。楽しみだ。

いつも当ブログを訪問していただき、ありがとうございます。

アクセスカウンターの設置後、定期的に当ブログを訪問していただいて、ありがとうございます。

と、書ければいいけど、この定期的に訪問していただいてる方は、『inktomisearch.com』さんです。


で、ネットで確認してみると、アメリカYahooが買収した会社のクローラーが『inktomisearch.com』なんだそうです。

http://www.inktomisearch.com/でアクセスしたら、http://searchmarketing.yahoo.com/に変わったけど、とりあえずYahooのロゴが入ってます。

だからドッキドキのバックリンク確認作業で、Yahooの検索件数が、一番多かったのか?と、ちょっと納得。

SEOとは逆の発想「エンティティ化」

ホームページやブログで、メールアドレスを公開されている方は、@の変わりに★マークや■マークを使われてます。

これは、アドレス収集ソフトが、ホームページやブログに記載されてるメールアドレスを勝手に記録されないようにするための防御策です。


でも・・・これって、ホームページやブログに訪れて、実際にメールを送信したい方には、ちょっとした手間になるんですよね。


これがビジネスだった瞬間は・・・3秒ルール(※)で、即効で捨てられてしまいます。

:パッと見で「面倒」だと思われた瞬間、他のページに飛んでいくのにかかる時間


この対策の1つに、エンティティ化があります。

HTMLタグ上は記号ですが、ブラウザー上では文字に見えます。


うーん。うまく表現できないなぁ。実際に体験してみてください。

HTMLエンティティ化

オプションの2つ目を外すと、入力した文字がすべてエンティティ化されます。


メールアドレスを守る以外の使い方以外には、ホームページやブログのアドレスを表示したい場合にも使えます。


こんな感じです。『−−−ここがエンティティ化−−−』目印妙にして、ブログのソースで確認してみてください。見慣れない記号が羅列されてます。

−−−ここがエンティティ化−−−
http://bluepage.seesaa.net/


ドッキドキのバックリンク確認作業

相互リンクを貼ってから、わずか5日・・・

さ、バックリンクを確認しよっ(笑)
(気が早いって)

確認方法は、検索エンジンで『link:http://bluepage.seesaa.net/』を入力して、検索ボタンをクリックすれば、結果が出てくる。


Googleでlink:http://bluepage.seesaa.net/を確認


0件。orz.gif
まあ、ブログ自体も2週間だしねぇ。


MSNでlink:http://bluepage.seesaa.net/を確認


約5件。でも表示は4件。

Seesaaのタグ検索と自分の記事の内部リンクほかは、テクノラティさんが、タグを拾ってくれてたみたい。

俺、送ってたっけ?

ちゃっちゃと、Pingの設定をしとこ。

テクノラティさん 特徴としては、東京MXテレビに番組『BlogTV』を持ってて、テクノラティさんにPingされたブログ界の話題(記事)をテレビで紹介してるそうです。


Yahoo!でlink:http://bluepage.seesaa.net/を確認


約20件。おおー、なんかいろいろ出てきたぞ!

ここでも、Seesaaって、内部リンクが強調されてるのか、検索結果がほぼ自分の記事がヒットしてる。

そんな中、コメントしたブログもヒットしてた。

アフィリエイト研究ブログさま
http://affri-blog.seesaa.net/

ゼロから始めて半年でアフィリエイト月収50万円!!さま
http://n1921.blog57.fc2.com/

本当に短期間だけど、コメントもしっかりバックリンクになるんだ!

がんばろー。

「右カラム、転落事件(発端編)」うぎゃー!右カラムがフッターの位置までズレてる〜?!

普段、ブラウザーはOperaを使ってるんですが、IEでブログを確認したら、なななんと!

右カラムがフッターの位置までズレてるじゃないですか!



それまでにやってた作業を振り返ると、


1.ブログを立ち上げた
2.記事を書いた
3.忍カウンターを設置した
4.インフォランクをヘッダーにつけた
5.【ブログアフィリエイト完全マニュアル】でスタイルシートとか、いじった
6.Javaプログラムでヘッダーをにぎやかにした
7.相互リンクの申請をした
8.相互リンクサイトを掲載した


へぇ〜、三日坊主で終わるかと思ってたのに、なんやかやとやってるんだねぇ。

などと関心してる場合じゃないぞ!>俺


◆捜査(カット&トライ) その1
  「相互リンク」コンテンツを一時的に表示しない

一番最後のアリバイ、「相互リンク」の自由形式コンテンツを、TOPで表示しないように「相互リンクサイトさん、ごめんなさい!」と謝りながら再構築。

ブ、ブーーー

これじゃなかった。「相互リンク」コンテンツを元に戻す。


◆捜査(カット&トライ) その2
  Javaプログラムのヘッダーを一時的に表示しない

次に捜査線上に浮かんだ容疑者は、自作Javaプログラム「にぎやかインフォカートさん(仮名)」だ。

「ヘッダーが関係あるのか?」の疑問を残しつつ、TOPで表示しないように再構築。

ブ、ブーーー

これでもなかった。そりゃそうだろ、ここで右カラムの表示が狂うようだったら、誰もアドセンス貼らないって。(爆)


しかし、未だ「右カラムがフッターの位置までズレてる」が解消しない。

だが、次にやったことは、Seesaaブログで実績のある無料レポート【ブログアフィリエイト完全マニュアル】になるんだぞ!


8.相互リンクサイトを掲載した
7.相互リンクの申請をした
6.Javaプログラムでヘッダーをにぎやかにした
5.【ブログアフィリエイト完全マニュアル】でスタイルシートとか、いじった



マ、マジデスカーーーーー


次週「右カラム、転落事件(解決編)」をご期待ください! ってなワケない。 続きは追記で。

オンライン・ビジネスにとってのバックリンクの重要性

相互リンク支援センターから送られたリンク・タグを元に、あいさつ回りに行って、「あっれ〜?」と思うことが多かった。

「これも1つの戦略かぁ」などと思いつつ、こんな記事があった。


オンライン・ビジネスにとってのバックリンクの重要性 著 者: 鈴木淳

どのようなオンライン・ビジネス・モデルを運営していようと、まず必要なのはトラフィックです。
そして、トラフィックの多くは検索エンジンから誘導されます。
検索エンジンからのトラフィック誘導を最大限利用するには、バックリンク(被リンク)が必要です。
とにかくたくさんのバックリンクを獲得しなければなりません。



さまざまなリンク手法

検索エンジン最適化(SEO)対策にあまり慣れていない初心者は、
リンク手法の話しになると、とまどってしまうことが多いようです。
そこで、最も有効なリンクを獲得する方法を説明する前に、リンク対策の種類についてひととおり説明しておきましょう。



1. 一方向リンク

最も有効な種類のリンクと見なされています。
一方向リンクは、あなたのサイトに他のサイトがリンクしている状態です。
自サイトから相手サイトへリンクバックする義務はありません。


2. 相互リンク

他のWebサイトからのリンクを獲得する代わりに、
相手サイトへのリンクを自サイトのページに表示することを相互リンクといいます。
一般に、「検索エンジンは相互リンクを好まない」と考えられていますが、後で説明するように、これは真実ではありません。


3. 三角リンク

相互リンクにペナルティが課せられるのを懸念し、多くのWebマスターは三角リンクを利用しています。
つまり、サイトAがサイトBへリンクし、サイトBがサイトCへリンクし、サイトCがサイトAへリンクする方法です。


4. マルチリンク

三角リンクと同じですが、多数のWebサイト間でリンクを設定します。



できる限り、一方向リンクの獲得を目指してください。リンクの中でも、一方向リンクが最も高く評価されます。




一方向リンクを獲得する方法

従来は、他のWebマスターに依頼して、自サイトへのリンクを表示してもらう方法が取られていました。
しかし、その後インタネットは進化し、現在では「もちつもたれつ」の世界になっています。
他のWebサイトにリンクを表示してもらいながら、相手サイトのWebマスターに相応の見返りを与えないわけにはいきません。

しかし、一方向リンクの獲得という意味では、次のような戦略が効果的であるとされています。


堅実なコンテンツ。Webマスターは常に良質な情報を求めています。
独自性の高い情報があれば、当然、その情報にリンクしたいと考えるでしょう。
情報を伝えるのはコンテンツです。独自性の高い情報を、説得力のある明確な方法で提示できれば、
多くのWebマスターからのリンクを容易に獲得できます。


「アーティクル・マーケティング」

さらにWebマスターは、鮮度の高いコンテンツを常に探し求めています。
Web上の多数のアーティクル・ディレクトリから必要なコンテンツを入手する場合も少なくありません。
これらのアーティクルを複製するときは、挿入されているリソース・ボックスをそのまま使用することが条件となります。
したがって、あなたのアーティクルを利用したすべてのページに、あなたのWebサイトへのリンクが表示されることになります。



「アフィリエイト・プログラム」

デジタル製品を販売する場合は、製品販売ページに誘導するアフィリエイトリンクを追加するアフィリエイトプログラムを利用出来ます。
これらのリンクにはあなたのWebサイトのドメイン名が表示されるので、自サイトへのバックリンク(被リンク)が自然増殖する事になります。



「バックリンク獲得が必要な理由」

Webサイトのトラフィックの80%は検索エンジンからの誘導です。
したがって、検索エンジンの結果ページで、自サイトが上位に掲載されるほど訪問者の数が増えます。

検索エンジンスパイダー(クローラー)は、Webサイトをインデックス登録するための小型ロボットです。
このスパイダーでいかに高く評価されるかをめぐり、Webマスターたちは日々しのぎを削っています。
自サイトを検索エンジンに登録するためには、まず、スパイダーにWebサイトを見つけてもらわなければなりません。

スパイダーは、設定されたバックリンク(被リンク)をたどってあなたのWebサイトを見つけ出します。






===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

相互リンクって、どっからくるの?(その2)

いまのところ、このブログでは、2ケ所の相互リンク・サービスを利用してます。

1ヶ所目:オートリンク

2ヶ所目:相互リンク支援センター

相互リンク・サービスが、どういう流れで相互リンクを発生させるのかを、頭の中で情報を整理しながら書き出してみます。

2.相互リンク支援センター

 
10月8日に相互リンク支援センターへ、相互リンクの申請をしました。

 
10月9日、午前3時。

「相互リンク(の案内メール)、キターーー!」

 
はい、相互リンク支援センターから、タグつき相互リンク集の、ダウンロード先についてメールがきました。

もう、あとはカンタン。相互リンクのタグをブログに貼り付けるだけです。

最初は、右カラムのにある『相互リンク』の中に入れてみたんですが、さすがに『100リンク』を看板に出してるだけあって、や〜たらと縦長になってしまったので、フッターに移動させました。

あとは、相互リンク先のブログで同じ作業がされれば、相互リンクが完了です。

 
すっごい単純だけど、これが一番わかりやすい

 
注意点としては、検索エンジンのうち、Googleが100サイト以上の被リンクがあるとスパム扱いされる危険性があると、相互リンク支援センターの注意書きに書かれています。

そこで、相互リンク専用のページを設ける(記事でもいいのかな?)ことで、回避できるそうです。

 
現時点での疑問点と打開策

トップページに、相互リンクの記事がなくても大丈夫なのか?

もし、トップページにこだわるのなら、記事の下側に『自由記事』で相互リンクを載せてみよう。
(こういった設定は、Seesaaブログだと、楽だねぇ)

 
簡単なまとめ:相互リンク支援センター

1.相互リンク支援センターで、自分のブログのカテゴリーにあった相互リンクの申請をする。

2.カテゴリーの相互リンク・タグが、各ブログ・オーナーにメールで届く。

3.各ブログ・オーナーが、ブログに相互リンク・タグを貼り付けて、相互リンクが完了する。

 
さて、挨拶回りに行ってきま〜す。

相互リンクって、どっからくるの?(その1)

いまのところ、このブログでは、2ケ所の相互リンク・サービスを利用してます。

1ヶ所目:オートリンク

2ヶ所目:相互リンク支援センター

相互リンク・サービスが、どういう流れで相互リンクを発生させるのかを、頭の中で情報を整理しながら書き出してみます。

1.オートリンク

 
Aさんが、オートリンクで相互リンクの申請をします。このときオートリンクから発行されるリンク・タグの中に、Aさんが登録したIDがリンク・タグの中に埋め込まれてます。

この時点では、リンク・タグをブログに貼り付けても、Aさんと相互リンクしているホームページやブログはどこにもありません。

 
Aさんのブログに訪れたBさんが、このIDが埋め込まれたリンク・タグから、オートリンクに申請すると、Bさんのリンク・タグの中には、BさんのIDAさんのIDがいっしょに埋め込まれます。

Bさんがリンク・タグをブログに貼り付けると、AさんとBさんの相互リンクが完成します。
(アフィリエイトでいうところの、2ティアです)

 
そして、

Bさんのブログを定期的に見にきている、CさんとDさんが、オートリンクに相互リンクを申請すると、

Cさんのリンク・タグの中には、CさんのIDBさんのIDAさんのIDが、

Dさんのリンク・タグの中には、DさんのIDBさんのIDAさんのIDが、

いっしょに埋め込まれます。

これで、Cさんは、Bさんと、さらにAさんに相互リンクしたことになります。

Dさんは、Bさんと、Aさんに相互リンクしたことになります。
(アフィリエイトではあまり見かけない、3ティアです)

 
Dさんのブログからオートリンクに相互リンクを申請したEさんのリンク・タグの中には、EさんのIDDさんのIDBさんのIDが、埋め込まれます。

オートリンクで埋め込まれるリンク・タグは、3ティアまでです。この時点で、Aさんの相互リンクはなくなります。

 
簡単なまとめ:オートリンク

Aさんの相互リンク AさんとBさんとCさん

Bさんの相互リンク AさんとBさんとCさん、AさんとBさんとDさん

Cさんの相互リンク AさんとBさんとCさん

Dさんの相互リンク AさんとBさんとDさん

Eさんの相互リンク BさんとCさんとEさん

まつうら式ブログ戦術としては、Bさんのブログのように定期的に訪問してくれる方が多い、ランキングサイトの上位ブログで、オートリンクに参加されているブログと相互リンクするのがいいでしょう。

 

ぶ、ぶっちゃけ、おれ、しっぱいしてんじゃん。

オートリンクネットに参加

登録料が無料で、相互リンクの場を提供されているオートリンク様のサービスに参加しました。

登録の仕方は、いたってカンタン。

1.オートリンクの新規登録ページで、ブログやメアドの情報を入力して、送信をクリック。

2.仮登録のメールに書かれている【リンクタグ】をブログに貼る。
(本登録の申請のときにロボットが探しに来るので、ブログの右とか左とか、目立つところにがいいみたいです【リンクタグ】の貼り方については下に書きます)

3.仮登録のメールに書かれている【本登録】のアドレスをクリック。

4.インターネットエクスプローラーに、本登録が終了しましたと表示される。

トップページある【障害情報】には、シーサーブログで本登録ができないと書かれてますが、ちゃんと回避策もあって、私のシーサーブログは本登録できました。

↓↓↓こんなブログパーツも用意されてます。

被リンクやSEO対策を考えられていらっしゃる方には、おすすめのサービスです。

【リンクタグ】の貼り方

その1:
マイ・ブログ→デザイン→コンテンツの順でページを開き、『種類:自由形式』で新しいコンテンツの追加します。

タイトルは、ずばり『相互リンク』にしました。

自由入力欄は、以下の通りに入力しました。

−−−ここから−−−

<div class="sidetitle">相互リンク</div>
<div class="side">

ここに、オートリンクネットから送られてきた【リンクタグ】を貼り付けます。

</div>

−−−ここまで−−−

ここまで入力したら、『保存』をクリック

そうすると、コンテンツ一覧に『相互リンク』が追加されます。さ、もう二つ仕事が残ってますよ。

その2:
表示するページ、配置、並び順の設定をします。

『表示するページ』は、全部にチェックを入れたままにしてください。
(不都合ないですよね?)

『配置』は、『右カラム』か『左カラム』でいいでしょう。
ご自身のブログのバランスで、配置してください。

『並び順』は、数字が低いほど上に表示されます。数字が、大きく10ずつになっているのは、割り込みが面倒にならないための措置らしいです。
これも、ご自身のブログのバランスで、決めてください。

最後に、ページの一番下にある『変更』をクリックします。

その3:
最後に、ブログの『再構築』をします。

これで、オートリンクの本登録の下準備が終わりました。

お疲れ様でした。

相互リンク・100リンクを5分で作るれる!に参加しました

先ほど、相互リンク支援センター様で主催されている『相互リンク・100リンクを5分で作るれる!』という企画に参加しました。

どんなことになるのか、楽しみです。

<a href="http://bluepage.seesaa.net/" target="_blank">無料レポートをやってみる</a>

モノは試しとプログラミング

「もうちょっとにぎやかな方がいいなぁと思いまして。」

 

はぁ???

 

「いえ、だから、ブログのトップにあるインフォランクの表示だけだと侘しいというか、寂しいというか。」

「そこでですね、アクセスされたらパパッとアレコレ表示されたらですね。にぎやかになると思いまして。」

 

で。なにやんの?

 
「Javaスクリプトってヤツを使おうかと考えました。」

 
ってなワケで、脳内会議で決議された「Javaでパカパカ表示をグリグリさせんべ」案を実行すべく、晴れて清々しい土曜日に、半日以上も飲まず食わずでインターネットでJavaスクリプトで表示がクリクリ入れ替わるプログラムを検索して、組んでみて、検証して、「あんでだ〜!!!!と叫んだり、外部に実装しながら・・・

どんな原理かよく分かりませんが(爆)、で・できました。

半角カタカナが、きちんと表示されるのかが不安だったので、そのままにしたんですけど、やっぱり文字数の制限を考えた方がよかったー。

3行広告を打つ広告人のすごさを思い知った。

 

結論

 
インフォランク「PRO」の方が、断然イイ。

情報も随時更新されるし(売れ筋をさがさなくても済む)、
すぐに貼り付けるスクリプトを抽出してくれるし(いちいち手直ししなくてもイイ)、
同じ表示がポロポロ出てこないし(これ以上ナニをやれと(泣))、
自分の時間を浪費しなくて済むし(シロウトが半日以上かけてこれだけ(涙))。

インフォトップにも対応するとのことなので、先行投資としてもお買い得だと結論付けました。

続き書いてます。ハイ

記事を書くために『欲しいツール』を作る

他のブログで記事を書くために『欲しいツール』があって、ネットでアレコレ探してみたけど、見つからなかった。

 
チャンチャン。

 

で、終わってしまったら意味がないので、やりたいことを紙に書き出して、マイクロソフトのEXCELで強引に『欲しいツール』もどきを作った。

最終的に、元データを入力して、コピペして、ブログに記事が表示できるようにはなった。けど、まだ細かい設定だ必要。トホホ・・・

 

まあ、オチもあったけど、自作してみてつくづく思い知らされたのは、EXCELを使って、とても機械が作ったとは判らないほど自然な記事を自動で作成させることができるってのがすごいなぁ。

↓これのことです。

エクセルを自動記事ツールに変える方法

単純にコピペしてるワケじゃないし、
ネットから記事を拾ってきてる
ワケでもない。
ど〜んなロジック組んでるんだろう。

【ブログアフィリエイト完全マニュアル】を実施

【ブログアフィリエイト完全マニュアル】

ネットコンサルのナオ様が発行された、【ブログアフィリエイト完全マニュアル】の10ページから45ページまで実施してみました。

これは、ブログのカスタマイズをメインにした項目で、音声ガイダンスを聞きながら、図解テキストを読みながら、付属のテンプレートで再構築してみました。

46ページ以降には、アドセンス関連の手順が書かれています。

が、記事が少ないので、まつうらは、まだ実施してません。(^^ゞ

◆どこが変わったのか?

 h2タグとh3タグの入れ替え。
 (実は、Seesaaブログは、ここの部分がもったいないことをしてるんだって)

 サイト名、カテゴリ名、記事名が一覧になって見やすくなった。

 一番下に、トップページに戻るリンクと、コピーライトの記述が出てきた。
 (コピーライト1つで、まつうらのブログもきちんとしたものに見えます)

SEOについて書かれた無料レポートに載っている、内部リンクの強化が図られました。

しかも、すっげーカンタンにカスタマイズができます。

日記サイトにしろ、アフィリエイトサイトにしろ、【ブログアフィリエイト完全マニュアル】の手軽さ、カスタマイズのやりやすさは強烈です。

ネットコンサルのナオ様、ありがとうございました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。